愛犬との関係性を見直すために

 

『愛着(アタッチメント)から見直す、犬のしつけ』というタイトルで、

2度セミナーを開催させていただきました。

 

そのなかで、今の犬のしつけの現状についても触れています

 

1、体罰には副作用があるということ

2、体罰の代わりに「無視」とか「隔離(サークルへの閉じ込めや飼い主が部屋から出ていく)」

といった対応を指導されるようになっていること

3、社会的(群れで暮らす)動物であるイヌにとって、無視という行為が「生存の危機」であること

 

暴力を振るわないのだから優しい方法だろうと、

しつけの中で無視ということをすることが、

犬の心にダメージを与えてしまっている可能性がある、

ということも知っていただきたいんですね。

 

愛着形成には双方向のやり取りが必要です。

犬が何かを訴えているときには、そこを無視するのではなく

まずは受け取ってあげることが大切です。

要求吠えが酷くなるのも、

「要求に応えると吠えが酷くなるから」という指導を守ろうとすることで、

(ワン!)「無視・・・」、

(ワン!ワン!)「無視・・・」、

(ワン!ワン!ワン!)「わかった、わかった(と要求をきく)」

というように逆に吠えを酷くしてしまっていたりします。

 

「お母さん聞いて!ねえ!聞いてよ!」

と話かけて無視されている子どものようなものです。

そのうち、相手にしてもらえないと

感情を閉ざしてしまうかもしれません。

 

いままでさんざん無視をしてしまったから、

もう愛着は形成できないのではないかと不安になってしまう方も

いらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

関係性というのはいつでもやり直しがききます。

ただし、相手に変わってもらおうとするのではなく、

まずは飼い主さんが対応を変えていくことが大切です。

 

具体的に何をすれば良いか。

それは、「犬の要求にすぐに応じる」ということです。

 

・外出帰宅時には無視せず挨拶する

・撫でてと近づいてきたら無条件で(何の指示も出さずに)撫でてあげる

・お散歩ではニオイ嗅ぎをさせる

・無理のない範囲で、愛犬の行きたい方へついて行く

・すでに嫌になってしまっていることを一度止めてみる

 または、できる限りしないようにする

 

今まで、愛犬の伝えたいことを聞いてこなかった、

応えてあげなかったのであれば、

まずは、無条件で応えてあげましょう。

要求に応えたからと言って、犬が偉くなるということはないですからね。

 

その後、関係が変わってきたなと感じたときに

少しずつ必要なことを教えていってあげてください。

 

いつも暮らしている飼い主さんが、

毎日よく関わってあげているのであれば、

「あの子最近変わったな」と思うときがあるはずですから。