散歩は犬のペースに合わせる

 

 

僕はお散歩代行などで他の子のリードを持つときには、まずはその子がどういう歩き方をするかを知るために、その子のペースに合わせて歩いてみることにしています。

 

もちろん、狭い道や豪快に引っ張るようなときは別ですよ。

 

でも、外でしか排泄しない子はお散歩スタート時はかなり引っ張る場合があります。

まあ、トイレ我慢してたんですから当たり前ですよね。

そういう子は排泄が終われば、その後落ち着いて歩いていたりします。

 

それを「飼い主の前を歩かせていると犬が上位になる」とか、「飼い主のペースに合わせて脚側歩行できちっと歩かせないといけない」なんていうのはなんなんでしょうね?ということです。

 

 

ちょっと話しがそれましたが・・・。

 

まず相手のペースに合わせて歩いてみることも大事なことだと思うんです。

「犬が引っ張ったら止まる」というのは、リードショックを使わないトレーニングでは一般的だと思うのですが、それだけだとすでに引っ張っている犬の場合は止まってばかりになって散歩になりません。

しかも、何度も「止める、止められる」を繰り返しているうちに双方がイライラしてきたりします。

 

というか、僕は自分の犬でそういうことを経験したことがありまして。

一度止まっても、歩きだすとまたすぐ止まらなければいけなくなって、全然前に進めませんでした。

 

脚側歩行のトレーニングをしたところで、いきなり外で出来るわけもなく。

さらにリーダーウォークなんて言われたら、その場で行ったり来たりになってしまうんですよね。

 

 

まずはできる限り犬の歩くペースに合わせてみる。

 

そのうえで、

 

・犬のペースについていけないときには止まる

・行かせてはいけない場所には行かせない

・狭い道で脚側歩行が出来るように普段から練習しておく

 

などが良いと思います。

 

あとは広い場所などで、長めのリード(3m、5mリードなど)を使って止まる練習をするというのも良いですね。

その子の状態や、住んでいる環境などによっても違うと思いますから、ご参考までに。

 

 

 

出張犬のしつけ、お散歩代行

Nuzzle(ナズル)

HP: http://www.dog-nuzzle.com

FB: https://www.facebook.com/dog.nuzzle/ 

 

ランキングに参加しています。

どうぞよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

 

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ