自制心を身につけてもらう

 

自制心とは、自分で自分の欲望や感情を抑えること。(国語辞典多用してます)

 

何かしたいことがあったとして、

でも今はしない方が良いんだよな、と犬が考えて自制出来るように育てていくことですね。

 

例えば、

向こうから苦手な犬が近づいてくるけど吠えるのは止めておこう。

あそこの犬と挨拶したいけど、今日は歩く方向が違うから挨拶できないみたい。

今かまって欲しいけど、飼い主さんが忙しそうだから我慢しておこう。

触られるのは嫌だけど、咬むのは止めておこう。

あそこに落ちているものが食べたいけど、飼い主さんが止めてと言っているから止めておこう。

飼い主さんが止まっている時には、動かないでここにいた方が良いんだよね。

 

等ですが、こんな感じで伝わりますかね?

 

 

普段、何気なく犬が理解して行動できることもあれば、

基礎トレーニングを通して理解してもらう必要がある場合もあります。

「オスワリ」「フセ」「マテ」「オイデ」「ツイテ」等の基礎トレーニングをすることで身につけてもらうことも良いですね。

その時には、ぜひお互いが(人だけでなく犬も)楽しんでできるように取り組んでみてください。

 

この自制心を養う部分だけを強調すると、犬の行動をコントロールすることばかりに意識が向いてしまうことにもなりかねません。

結果、犬本来の感情を過剰に抑え込んでしまうことになることもあるので注意が必要だと思います。

逆にまったくしつけをしたくないといって、他人の迷惑を顧みないというのもちょっとマズイかな。

どこでもオシッコさせて良い訳でもありませんよね。

 

私は犬にも感情があると思っています。ドッグトレーニングで行動を教えることのみに着目してしまうと、感情面が置いてけぼりになってしまうことだってありますよね。

私も感情面を無視したしつけ方法をとってしまったことがありますから、これは伝え続けないといけないと思っています。

ピンポンで吠えたら、見えないところから灰皿(ペットボトル)を投げる。

遊びたくて飛びついたらリードでガツンとやられる。

情報を鵜呑みにして試してしまわないように・・・。

 

飼い主さんが、譲れるところは譲る。

飼い主さんが、譲れないところは犬に協調、協力してもらう。

あとは出来るだけ、冷静に考えて譲れる幅を増やしてあげることも大事かなと思います。

安全面は考慮してくださいね。

そのような感じで、育てていければ良いのかなと思っています。

 

 

ランキングに参加しています。 どうぞよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ