「安心」を伝えること・2

前回からだいぶ日数が空いてしまっていました。

 

子犬を迎えて、まずは安心を伝えてあげること。

一緒に寝て、遊んで、声をかけてあげてください。

 

犬に厳しく接するより前に、やれることは沢山ありますし、小さい頃に飼い主さんを怖いと思わせてしまったら、関係性が悪くなってしまいます。

 

して欲しくない行動は止めさせなければいけませんが、決して暴力や脅しを使わないようにしてください。

 

ムツゴロウさんの本にも書いてありますので、ぜひ読んでみてください。

『ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本』

 

 

犬としての本能や行動、表現の仕方など人間と違うことは学ぶ必要はありますが、寂しい・悲しい・嬉しい等の感情に関しては人も動物も変わらないと思います。

 

擬人化してはいけないという言葉が、犬のしつけやトレーニングの世界ではよく言われています。

確かに部分的にはそういう面もあると思いますが、感情面まで擬人化という言葉で分けて考えてしまうと、「犬だから叩いてもよい、叩かなければわからない」なんて言葉が出てきてしまうのだと思うんです。

 

 

犬を飼い始めた頃を、思い出してください。

決して暴力を振るう為ではないですよね。

人間の指示を聞くだけの動物が欲しかった訳では無いですよね?

 

ぜひ、愛犬と楽しい生活をしてください。

感情を受け止めてあげることで、愛犬との関係はさらに良くなると思います。

 

 

 

ランキングに参加しています。

どうぞよろしくお願いします。

 


人気ブログランキングへ