犬は人より偉くなりたい?

前回の続きです。

 

犬と一緒に寝てはダメ。

飼い主より先に食餌をあげてはダメ。

家の出入りは飼い主が先でないとダメ。

人より高い目線にしてはダメ。

ソファやベッドに乗せてはダメ。

甘噛みを止めさせないと本気で咬むようになる等、しつけ本やインターネットを調べて見るといろいろな情報がありますね。

(ダメなことばかりです)

 

でも・・・。

一緒に寝ている飼い主さんもいますよね。

(私も寝てます)

自分より先に食餌をあげている方もいらっしゃいます。

(私もあげています)

犬を先に家の中に入れる飼い主さんだっています。

(私は抱えて家に入るので同時でしょうか。でも犬を前に抱いているので犬が先だとも言えます) 

 

何故ダメだと言われているのでしょう?

それらの情報のほとんどは、「犬は人の上に立とうとする」という考え方に基づいているものです。

しかし、それらが誤りだとしたらどうでしょう。

 

 

 

これらの考え方はオオカミの群れの観察から得た情報を犬に当てはめて出来た情報なんですね。群れのボスは全体を見渡せる高い場所にいたり、移動中は先頭を歩いたり、食餌は先に食べたり・・・。

このオオカミの群れは、捕獲され集められて人為的に出来た群れを観察したものだったのです。この不自然な関係の中で上手くやっていくためにオオカミたちはルールを作ったのですね。

 

しかし新しい研究結果では、自然のオオカミの群れは家族を単位としたものであることがわかってきました。

それってつまり、群れのボス=親ということになりますね。

日本のしつけの世界では、犬に関しての新しい情報がなかなか浸透しづらいのが現状です。

 

犬が上の地位を狙っていないとしたら、あなたは犬とどういう関わり方をしたいですか?

 

 

参考 P94~ 「犬はあなたをこう見ている」 ジョン・ブラッドショー著