掃除機に吠える、噛みつく④

 

 🐾STEP5

掃除機を前後に動かしてみる

次は、掃除機を前後に動かしてみます。

行って戻ってですね。

ここでは出来るだけ、犬の方には向けないでください。

動かしている間、オヤツを落します。

初めは頻繁に、そして少しずつオヤツを落す間隔をあけていきます。

 

 

🐾STEP6

犬に近づくように掃除機を動かしてみる

 

今度は犬の方へ向かって、少しだけ掃除機を動かしてみます。

前のステップと同様、動かすときに犬の近くにオヤツを落します。

 

ここでも、まだ掃除機のスイッチは入れないでください。

 

 

※掃除機を持ってない方の手でオヤツをあげても良いですし、あらかじめ床にオヤツを撒いておいても良いです。

 

ここでの注意点は、

・極端に掃除機を犬に近づけないこと

・犬の目を見ないこと

・犬を隅に追い詰めた状態でやらないこと

・何度もやりすぎないこと

です。

 

 

ここまでで、掃除機本体と掃除機の動きが大丈夫になっていると思います。

少し長めに掃除機を動かして、慣らしていきましょう。

 

次のステップは、掃除機の音に慣らす取り組みをしていきます。

 

 

⇒ 掃除機に吠える、噛みつく⑤

 

⇒ ③へ戻る

 

⇒ 出張犬のしつけ・カウンセリング