掃除機に吠える、噛みつく②

 

では、

基本となる「掃除機を初めて見せる」という場合について説明していきます。

 

🐾スモールステップ

「何かに慣らす」という場合の基本は、

「怖い!」という気持ちが出ないように、

段階を細かく設定し、少しずつ慣らしていきます。

これを「スモールステップ」と言います。

 

一つのステップに慣れて、

犬がそのステップが大丈夫になったら

次のステップに進みます。

 

一日で慣れることもあるかもしれませんが、

無理はしないでください。

 

犬の様子を見ながら進めるというのが大事になります。

 

 

🐾用意するもの

①掃除機

②とびっきりのオヤツ

 ※滅多にもらえないもの

 ※一口で食べられるくらいの大きさ

 

 

🐾STEP1 

掃除機を床に置いた状態に慣らす

 

床に置いてある掃除機に、

犬が自ら近づいて確認出来るようにしてあげます。

 

※警戒しそうなものに対しては、

「犬自ら」というのがポイントになります。

 

 

その際、掃除機の周りにオヤツを撒いておきます。

特に初めはとっておきのオヤツを使用してください。

「食べたい!」という気持ちは、

警戒心を和らげる助けになります。

 

1回に5粒位撒きます。

それを3~4回やってみてください。

躊躇せず食べられるようであれば、

このステップはOKです。

次のステップに進みます。

 

 

 

オヤツが食べられないという場合や、

オヤツに興味がないという場合は、

しばらくの間、掃除機は片づけずに床に置きっぱなしにしておいてください。

 

しばらく掃除機をかけられないことよりも、

掃除機を怖がらせない方が後々楽になりますよ。

 

 

⇒ 掃除機に吠える、噛みつく③

 

 ①へ戻る

 

⇒ 出張犬のしつけ・カウンセリング