室内トイレの教え方④

 

🐾犬の様子を観察し、トイレへ誘導する

  一緒にいる時間を増やすといっても、ただ一緒にいればよいということでもありません。

 子犬と一緒に寝ころんでみたり、遊んだりしながら、トイレに行きたそうな様子を観察します。

 毎日どのくらいの間隔で排泄するのかを調べてみたり、どんなときにトイレに行きたくなるのかなどを観察してください。

 徐々にその子なりのタイミングなどがわかってくるかもしれません。

 

 目安としては、

 タイミングは起床後、食後、遊んだ後、昼寝の後などですかね。

 動作としてはニオイを嗅ぐ、クルクル回るなどが見られるかなと思います。

 

 

🐾失敗しても叱らない

 前にも書きましたが、昔は失敗した場所に犬の鼻を押し付けて叱るようにというしつけ方法がありました。

 現在では、この方法を指導する人はほとんどいないと思います。

 ただ、昔から犬を飼っていた人などが近くにいると、そんなアドバイスを聞く機会があるかもしれませんからご注意ください。

 

では、なぜ排泄の失敗を叱ってはいけないんでしょう?

 

 

🐾叱ってはいけない理由①

 僕たち人間も初めからトイレが出来ていたわけではないですよね。

 何度も失敗しながら少しずつ覚えていってもらうということは、人も犬も同じことです。

 そもそも犬はわざと失敗しようとしているわけではないので、

 トイレではないところで排泄したからといって飼い主さんが叱ったり叩いたりするというのは、

 不公平だからということが一つ。

 

 子犬の時期は特に排泄感覚が短いですから、

 ある程度の失敗は仕方のないことかなと思います。

 

 その他にも、

 犬が「トイレではない場所でオシッコしたから叱られた」とは思わずに、

 「家の中でオシッコしたことを叱られた」と思ってしまう可能性があります。

 その場合、家の中で排泄をしないようになってしまうか、

 もしくは、飼い主さんに見られないように隠れた場所で排泄するようになることもあります。

 

 あとは、トイレの場所まで誘導しようとしたときにも、

 犬は怒られると感じて排泄を止めて飼い主さんから逃げてしまうかもしれませんね。

 

 家の中で排泄をしてもらいたいという気持ちがあるのであれば、

 叱らない方法でトイレを教えてあげてください。

 

 

🐾叱ってはいけない理由②

 叱ってはいけない理由はもう一つ。

 もし、あなたがあまり犬をかまってあげていない場合・・・。

 犬が違うところに排泄したことを叱ったとしたら、

 犬はあなたが自分に注意を向けてくれたことが嬉しいと感じるかもしれません。

 

 そうなったとき、犬は注目が得られるということがわかれば、

 それこそわざといろいろな場所に排泄をしようとするでしょう。

 

 かまってもらえていない犬にとっては、たとえ叱られると分かっていても、

 飼い主さんが近くに来てくれるほうが嬉しいと感じる子もいるんです。

 

 叱るために近寄ることで、排泄が余計に失敗するということにもなる可能性もあります。

 

 次の項目に行く前に、

 まずは「叱らない」ということをご理解ください。

 

 

⇒ 室内トイレの教え方⑤へ

 

⇒ 室内トイレの教え方③に戻る

 

⇒ 犬のしつけ方へ

 

⇒ 出張犬のしつけ・カウンセリングへ