アタッチメントとは?

 

アタッチメントという言葉をご存じでしょうか?

日本語では「愛着」と訳されます。

「愛着」とは、特定の養育者との強い結びつきのことを言います。

 

子犬は母犬と愛着を形成することで、

不安なときにはすぐに母犬のところに戻って安心感を得ることができ、

母犬という頼りになる存在が近くで見守っていてくれるからこそ、

子犬は安心して外の世界を探索することが出来るようになるんです。 

そしていつも母犬がそばにいなくても大丈夫であることを子犬は理解し、

徐々に一人で行動できるようになっていきます。

 

では、飼い主さんとワンちゃんはどういう関係でしょうか?

 

しつけの世界では主従関係という言葉を使われていることが多くありますが、

僕は主従関係ではなく、

親子の関係を築く必要があると僕は考えています。

子犬は母犬から早期に離されて、飼い主さんのところにやってきます。

ある日突然、頼りにしていた母犬から引き離された子犬は

とても不安な気持ちでいるのではないでしょうか?

 

まずは、飼い主さんが子犬の親として「心の安全基地」となり、

子犬を安心させてあげることが何よりも大事なことです。

 

これは、保護犬など成犬を迎えられた飼い主さんにも同じことが言えますね。

 

飼い主さんとワンちゃんとの間に強い結びつきを形成することで、

ワンちゃんは安心して周囲の状況に適応することが出来ますし、

飼い主さんとの生活もより良いものになっていくでしょう。

 

ポリシー(方針)へ戻る