ポリシー(方針)

 

Nuzzle(ナズル)では次のことを大切にしています。

 

・アタッチメント(愛着)

・スキンシップ(触れ合い)

・スロー&リラックス(ゆっくり&ゆったり)

 

愛犬の問題行動の改善とともに、

絆の形成を第一に考えた犬との暮らし方をお伝えします。

 


◉アタッチメント(愛着)

アタッチメントとは心理学の用語で

「特定の養育者との強い結びつき」のことを言います。

 

犬のしつけの世界では

「犬との関係は主従関係である」といって厳しいしつけをしてみたり、

「オスワリ」や「フセ」のようなトレーニングばかりが注目されていて、

この大事な部分が抜け落ちてしまっているように感じます。

 

愛犬を安心で包んであげることが何よりも大切なことです。

子犬を飼ったばかりという場合はもちろん、

成犬の保護犬を引きとった場合でも、

問題行動を改善したいと思っている場合でも、

まずはこのアタッチメントの形成から始めます。

抑制やトレーニングはその後に少しずつ教えていきましょう。

 


◉スキンシップ(触れ合い)

人や犬といった群れで暮らす動物には

撫でたり、舐めたりといった触れ合いがあります。

特に子どもは親との触れ合い(柔らかさ、温かさ)を通して

安心感を得ることができます。

同時に親もこの触れ合いを通して親として成長していきます。

飼い主と犬との関係も日頃のスキンシップが大切です。

 

また、人との暮らしでは

日常のケア(ブラシ、歯磨き、爪切り)、

病院、トリミングなど

触れられる機会が多くありますから、

少しずつ触られることに慣らしていってあげましょう。

 


◉スロー&リラックス(ゆっくり、ゆったり)

愛犬と関わっている時間のすべてが、

愛犬との絆づくりの時間です。

 

トレーニングなど、犬にわかりやすく伝えるために

効率を求める場面ももちろんあります。

ですが、愛犬の気持ちに触れようとするときには、

ゆっくり、ゆったりとした気分でいることが大切です。

 

忙しくしていたり、イライラしていれば、

愛犬のちょっとした行動も許せなくなってしまいます。

また、表面の行動のみに囚われて

愛犬の本当の気持ちを感じ取る余裕も無くなってしまいます。

 

良い関係を築くためには時間をかけることも大切です。