犬の整体

ハーネス(胴輪)の選びかた

 

お散歩のときには首輪よりもハーネス(胴輪)をお勧めしていますが、ハーネスと言っても様々な種類があります。

新しくハーネスを購入するときには、「今回は何を買ってみようかな~」と選ぶのも楽しいですよね。

ただ、デザインなど自分の好みのものを選べばよいかというとそういうわけでもありません。

直接身につけて歩くのは犬なのですから、機能的にも良いものを選んであげたいですね。

 

では、どんなものを選べばよいのでしょうか。

 

 

・後ろに下がったときに抜けないもの(抜けづらいもの)

まずはこれが基本ですね。

どんなに優しいハーネスだとしても、犬が後ずさりしたときに抜けてしまうようなものだと心配で使うことが出来ませんね。

そういう意味でも抜けづらいものを選択するというのは大事です。

 

 

・犬の動きを妨げないもの

『犬の心へまっしぐら』の著者、アンジェロ・ヴァイラは本の中で次のように書いています。(P66・どんなタイプのハーネスがいいか)

続きを読む 0 コメント

ハーネスだから引っ張るのではなく

 

愛犬と散歩に行くときに、首輪を使用していますか?それともハーネス(胴輪)を使用していますか?

今回は「散歩のときに犬が引っ張る」という話なのですが、ハーネスを使うことに対してときどき思い違いをされている方もいらっしゃるようなので、そこの辺りを少し書いてみます。

 

・ハーネスを着けているから引っ張る?

その思い違いというのは、「ハーネスだと犬が引っ張るようになる」というものです。

何かのしつけ本に書いてあるんですかね?

意外にそう考えている方が多いようにも思います。

本屋などで見かけるような「しつけ本」にはハーネスの使用をすすめているものは少ないのでそれも原因の一つかもしれませんね。

 

引っ張る理由としては「目の前に何か強い興味を引くものがあるから」とか、「もっと早く歩きたい(走りたい)から」とか、「飼い主さんがリードを引っ張っているから」等が挙げられると思いますが、ハーネスを着けていようが首輪を着けていようが引っ張る犬は引っ張るんです!

 

・犬の首にかかる負担

で、犬が前に引っ張ったときに首輪だとどうなるかというと、

当然首だけに負担がかかることになります。

昔は犬の首は丈夫だから・・・なんて言われていたりもしましたが、

現在は、気管虚脱や眼圧が上がって緑内障のリスクが高まるとか、甲状腺、首や背中の痛みに繋がるとか、首には繊細な神経が通っているということも言われています。

まあ、脳と体を繋いでいるところなんですから、大事なのは当たり前ですね。

 

続きを読む 0 コメント

犬の整体

 

昨年の10月から「犬の整体師養成講座」を受講していましたが、昨日が受講最終日でした。

無事に受講を終えたのでとりあえずひと安心です。

 

続きを読む 0 コメント