ブログカテゴリ:しつけ



05日 3月 2017
お久しぶりの更新になってしまいました。 今回のタイトル、何をマネしないで欲しいのかというと・・・、 それは、テレビで紹介されている「しつけの方法」です。 例えば、ピンポン吠え(ドアホンなど来客の合図)に対して ・アルミの灰皿を投げる(多いものでは7枚) ・空のペットボトルを投げつける ・ペットボトルに釘や小石を入れて振る、等...
02日 8月 2016
『ママも子どもも悪くない! しからずにすむ子育てのヒント』 高山恵子(Gakken) からダブルバインドについてです。 ダブルバインドとは心理学の用語で、日本語では二重拘束と言います。 ❝同時に送られる2つのメッセージの板挟み状態❞を指す言葉。 例えば、...
09日 5月 2016
自制心とは、自分で自分の欲望や感情を抑えること。(国語辞典多用してます) 何かしたいことがあったとして、 でも今はしない方が良いんだよな、と犬が考えて自制出来るように育てていくことですね。 例えば、 向こうから苦手な犬が近づいてくるけど吠えるのは止めておこう。 あそこの犬と挨拶したいけど、今日は歩く方向が違うから挨拶できないみたい。...
06日 5月 2016
散歩
前回、「犬のしつけ」について、 ①人間社会で生活するためのルールを教えてあげること ②自制心を身につけてもらうように育てる ③この世の中に怖いものなど何も無いということを教えてあげる と書きました。 これらについて、一つ一つお話していきたいと思います。 今回は、「①人間社会で生活するためのルールを教えてあげる」です。...
05日 5月 2016
前回、「正しい」ということは人によって変わってくるということを書きました。 しつけ方法が、「正しい」か「正しくないか」の答えを出すのは、トレーナーではなく飼い主さんなんだと思います。 ではどうやって、「正しい」しつけ方法かを判断すれば良いのか?ということですが、それは複数の選択肢が無ければ難しいかなと思います。...
04日 5月 2016
ニオイ嗅ぎ
今回は「しつけ」という言葉についてですが、この言葉いまいちハッキリしていません。 暴力を振るって育てている人も、振るわない人も、「しつけ」という言葉を使って子どもに物事を教えていますものね。 そこで、「しつけ」という言葉を調べてみることにします。 こういうときは、国語辞典(旺文社)。...
03日 5月 2016
「しつけ」という言葉だけを聞いて、どういう印象を持たれますか? 「しつけ」という言葉に、良くない印象を持っているという方が多いかなと思いますがいかがでしょう? 普段、日常会話では「しつけ」という言葉をほとんど使いませんよね? 耳にする時と言えば、ニュース番組。それも児童虐待。 「しつけのためにやった」という親の言葉。...
19日 2月 2016
穏やかな様子
トレーニングで行動を変えようとする前に、まず大事なことは何でしょうか? 私は、安心できる場所を作ってあげられるかどうかだと思っています。 ハウストレーニングの話ではありませんよ。 家そのものが安心出来る場所になっているかどうか。 それ以上に一緒に暮らしている飼い主さんとご家族が安心できる存在であるかどうかが大切なことだと思います。...
20日 12月 2015
前回の続きです。 犬と一緒に寝てはダメ。 飼い主より先に食餌をあげてはダメ。 家の出入りは飼い主が先でないとダメ。 人より高い目線にしてはダメ。 ソファやベッドに乗せてはダメ。 甘噛みを止めさせないと本気で咬むようになる等、しつけ本やインターネットを調べて見るといろいろな情報がありますね。 (ダメなことばかりです) でも・・・。...
07日 11月 2015
前回お伝えした2つのこと。 今日はそのうちの1つ、「人と一緒に生活する上でのルールを教えること」についてお話したいと思います。 「一緒に生活する上でのルール」ってどんなことだと思いますか? 例えば、 ご飯はここで食べるんだよ。 おトイレはここでしてね。 散歩に行く時にはリードをつけて一緒に歩こうね、とかもありますね。...

さらに表示する