10日 2月 2018
以前、Facebookページでは紹介したことがある本ですが、こちらでも。 https://www.facebook.com/dog.nuzzle/ 『犬は子をどのように育てるか ある児童臨床心理家の母と子の「ふれあい」の記録』 (森永良子 動物社 1990年)
06日 2月 2018
マルトリートメントという言葉をご存知でしょうか? (と言っても僕が知ったのも昨年なんですが・・・。) ・マルトリートメント マルトリートメント(maltreatment)は、日本語では「不適切な養育」となります。 この「不適切な養育」を受けることによって子どもの脳の発達に影響を与える、という研究結果が出ています。...
04日 2月 2018
・探索行動 子どもの成長過程には、養育者から物理的・心理的に離れて、周囲の環境に興味を向け調べるという探索行動がとても重要です。 探索行動はまず家の中で、それから外の環境に移行していきます。...
31日 1月 2018
愛着が形成されるために大事なことは ・スキンシップなどの触れ合いや遊び ・子どもの欲求を感じ取る感受性 ・愛着行動に対しての応答性 などです。 こう書くと、同意される方も多いかもしれませんが、 「犬のしつけ」となると正反対のことが言われていたりします。 前にも書きましたが、夜鳴きに無視とかですね。 他にも、...
24日 1月 2018
僕が愛着や愛着理論から犬との関係を考えてみようと思ったのは、飼い主と犬が親子としての関係に近いということもあるのですが、もう一つ別の理由があります。 それは、しつけ方法を選択するときに「飼い主さん自身が親にどう育てられてきたのか」ということがひとつの基準になるのではないかと感じたからです。...
22日 1月 2018
「愛着」という言葉からは、愛情とか愛とかをイメージされる方が多いかもしれないのですが、愛とか愛情という言葉で伝えようとすると、ちょっと誤解を招くというか何と言うか・・・。...
20日 1月 2018
以前、「飼い主さんが食事中に犬が食べ物をねだるという設定での要求吠え」について書いていましたが、今も少しずつ見ていただけているようでありがたいです。 そこでは「無視をしつづけることは難しい」ということをお伝えしていたのですが、少し違う視点から書いてみようと思います。
01日 1月 2018
あけましておめでとうございます。 昨年を振り返ってみると、自分自身にとってとても気づきが得られた一年でした。 特に学びの過程でボウルビィの愛着理論へたどり着いたこと。 今までは何となくわかっていたくらいのことでしたが、 ここに来てストンと腑に落ちたというか、 「ああ、これで良いんだな」という気づきがあり、...
05日 7月 2017
室温に合わせてエアコンを入れるなど、 室内の暑さに気を配っていらっしゃる方も多いと思いますが、 一方で、 エアコンが嫌いという飼い主さんもいらっしゃいますよね? 高齢の方は暑さを感じにくいということも言われています。 ご自身は暑く感じなくても、 温度計を見て、室温を気にしてあげてください。 特に、留守番させるときは要注意です。...
03日 7月 2017
日中30℃を超えるような暑さになってきましたね。 前回はお散歩の時の注意点などを書きましたが、 今回は車内で気をつけていただきたいことを書いておこうと思います。 親が車の中に子どもを置いて買い物とかパチンコなどへ行って、 子どもが車内で熱中症になったというニュースを聞いたことがあると思います。 最近は、ニュースで呼びかけているので、...

さらに表示する